門前雀羅Blog

09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

セカンドバイクを買い換えることにした 



13年12月に購入したクロスカブ。2年で2500kmちょいしか乗っていない。
セカンドバイクとして、地元の街中を走る、通勤で最寄り駅まで走る、買い物をする、といった使い方限定で考えるととても便利で原付二種のメリットが良く理解できる。この使いか限定で考えるとクロスカブには文句はない。

でも「ツーリングでも使う」ことを考えると、たとえ近場でも意外とストレスが溜まることも理解した。それは「高速が使えない」ということに尽きると思う。
住んでる場所のせいもあるけど、郊外に遊びに行くには東西南北どこへ行くにもかなりの時間、街中を走り続ける必要がある。
たとえ地図上で近場でも、市街地を抜けるのにかなりの時間をかけなくちゃいけない。
下道で3時間かかる場所に遊びに行く場合、帰り道も必ず3時間以上かかる。
場所にもよるけど、高速使える車種だと下道で3時間かけて遊びに行っても、帰り高速で一気に帰ってくることができる。

それに、昨年勝沼に行くときに知った「大垂水峠は土日125cc未満は通行禁止」の規制も一因。50cc未満ならまだ判らないでもないが、自転車でも通行可の道路を125cc未満が通行禁止とされていること、そのおかげで甲府方面に行くのにR20を使えず、かなり大回りしなくては行けない、その面倒臭さったら無い。
他にどれくらいこういう道路があるのか知らないけど、こういう制限を受けるクラスは正直ツーリングで使いたくない。そんなことを考えていたら、やっぱり125cc以上、高速に乗れるクラスのセカンドバイクが欲しくなった。

本当に買い換える意味があるのか、かなり悩んだ。
最期は結構勢いだけで決めてしまった感じがするけど、結局250ccに買い換えることにした。

111110_news_hondacrf01.jpg

ホンダCRF250L。
見た目オフ車だけど、走行性能としてはオンロード寄りらしい。
ガッチガチのオフに突っ込む気は毛頭無いけど、250ccクラスで車格の大きいマシンを考えるとどうしてもオフ車になる。
対抗としてKLX250やセローやトリッカー、WR250等も考えていたがセロー、トリッカーは車体の大きさで失格。またがると膝が結構しんどい。
WR250は値段が高すぎる。
KLX250はWRよりは安いがそれでもCRFより10万は車両価格が違う。
250ccクラスで、すこし排気量小さめのマシン、TWやFTRなども検討したけどやっぱりまたがるとかなり小さい。
意外とクロスカブがゆったり乗れるポジションだったんだなぁ、と思うくらい。

いろいろ悩んで、最終的にホンダ車の左ハンドルスイッチの配置は本当に嫌いなんだけど、車体の大きさと価格で選んだ感じ。

大きく背中を押したのはYoutubeで見つけた動画。




来週以降は、こいつの慣らしがメインになるかな、バイクは。
しばらくスーパーテネレはバッテリー外して充電しておくべきなのかもしれない。

走行目的というか走行性格がダブっているマシンを持つことになったけど、まあ、上手く使い分けていこうと思う。

△page top

« 250km走った感想
トゥーランドットのDVD »

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

△page top

この記事に対するコメント

トラックバック

トラックバックURL
→http://ramblier.blog44.fc2.com/tb.php/1273-4dd674ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top